12.14 井上尚弥の防衛戦は「ひかりTV」と「ABEMA」でPPV生配信

12.14 井上尚弥の防衛戦は「ひかりTV」と「ABEMA」でPPV生配信

12.14@両国国技館 ”Monster” 井上尚弥 の防衛戦は、「ひかりTV」と「ABEMA」でPPV方式によるライブ配信と発表された。これまではフジテレビがゴールデンタイムに無料で放送していたのが、いよいよ日本も契約してお金を払ってボクシングを見る時代になったか。ファンの反応を見ると賛否両論ある。日本ではまだPPV方式は普及していないからね。私は昔からWOWOWエキサイトマッチで海外ボクシングに触れPPV方式を理解しているし、総合格闘技「PRIDE」に浮気してた頃、PPVでお金払って視聴していたので抵抗ない。ただ、、今回の相手アラン・ディパエンだと少し迷っちゃうのよね。アンダーカードも弱いし。PPVってビッグマッチ・ビッグイベントにお金払うものという認識だから、勝敗モロ見えすぎてなぁ。それでも日本が誇るPFP(パウンド・フォー・パウンド)ボクサーの2年ぶり日本凱旋試合だから結局は購入して視聴すると思うけどね。

 

 

PXB WORLD SPIRITS

~井上尚弥 WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ~
12.14

 

詳細はここから↓

https://www.phoenixbattle.jp/

視聴料金は「GoToイベント」だの「コイン」だの「プレミアム」だの

ややこしいけども、、ざっくりと

3,960円(税込)

払えば見れるはず!近くなったらちゃんと調べます。

 

 

ティザー動画

【PXB WORLD SPIRITSティザー】 ~井上尚弥 WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ~

 

 

 

いちおう各メディアのリンクを貼っておく

ABEMA PPV ONLINE LIVE

https://abema-ppv-onlinelive.abema.tv/posts/23592262

AbemaTV 無料体験

 

 

ひかりTV

https://www.hikaritv.net/sp/pxbworldspirits20211214/



 

 

【全対戦カード】

12/14 両国国技館

メインイベント

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ 12R

“Monster”

井上尚弥

28歳🇯🇵 21戦全勝18KO WBAスーパー&IBF 統一王者

×

アラン・ディパエン

30歳🇹🇭 14戦12勝11KO2敗 IBF6位

12.14 井上尚弥 vs IBF6位 ケンナコーン?ディパエン?

 

 

セミファイナル

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ 12R

ウィルフレド・メンデス

24歳🇵🇷 17戦16勝6KO1敗 WBO王者

×

谷口将隆

27歳🇯🇵 17戦14勝9KO3敗 WBO1位

 

55kg契約 8R

武居由樹(大橋)2戦2勝2KO
×
今村和寛(本田F)3戦2勝1KO1分

 

58.5kg契約 8R

松本圭佑(大橋)3戦3勝3KO
×
荒木貴裕(JB)22戦12勝4KO10敗

 

スーパーバンタム級 8R
石井渡士也(REBOOT)5戦4勝3KO1敗
×
藤岡拓弥(VADY)21戦10勝1KO10敗1分

 

フライ級 4R

梶谷有樹(八王子中屋)5戦2勝2KO3敗
×
永里翔(レパード玉熊)4戦2勝2KO2敗

 

スーパーフェザー級 4R

テール上滝(上滝)3戦2勝2KO1敗
×
高井開輝(T&T)1戦1勝1KO

 

 

ボクシングニュースによると現地観戦はドレスコードがあるようだ。

https://boxingnews.jp/news/86893/

12月14日の興行はNTTぷららをはじめ協力各社が演出にも関わり、「今までにないボクシングイベント」を目指す。今回は「ホワイトパーティー」と題して、会場を真っ白な世界観で統一。客にも白のドレスコードに協力してもらう予定。井上は「統一感を出して応援していただけたらうれしい。今回は赤いコスチュームの予定なので、自分もワクワクしています」と語った。

 

井上は赤で、観客は白…。ビートたけしをゲストに呼んで、

「Merry Christmas Mr. Lawrence」

という演出もあるかもですな。笑

 

 

さよならー

12.14 井上尚弥の防衛戦は「ひかりTV」と「ABEMA」でPPV生配信” への2件のフィードバック

  1. チャリティ?イベント『LEGEND』のときとほぼ同じ額ですね。その時の経験もあるし、自分はABEMA視聴にします。

    PPVのハードルは課金そのものもですが、中高年にとっては、ネット手続きの面倒が精神的な敷居の高さを作ってる面もあると思いますね……
    その点、若年層は無関心層はともかく、他の格闘技を見てる層はABEMAから今回それなりに取り込めるか?後々、数字が気になりますね。

    なにしろチケット収入が制限されてる状況ですから、今は特にプロモーターにとってPPVが必要な時期でしょう。
    今後、統一戦、ビッグマッチを見たい!というファンの願いにもPPVが必要になってくるのでしょうね。ゴロフキンVS村田にしてもフジテレビの資金力で対応は出来ず、Amazonの参入によって実現できた、と本田会長も言ってましたし。
    まあこれは余りにも別格だとしても、モンスターが軽量級離れしたビッグネームにのし上がっていくなら、対戦相手のファイトマネーも含めそれを捻出する必要があります。
    余談ですが、もしナルバエス戦で尚弥が負けていたら大橋ジムは潰れていた、と後に大橋会長がサラッと明かしていましたね。

    普段、地上波テレビは見ない、見ても録画されたボクシングや一部ドキュメンタリーを見るのみな私は、番組間のCMを受け付けない体質になっているので(笑)賛否あるでしょうが、個人的にはもう場違いなCMをラウンド間に挿入される時代に戻りたくないという感覚が強いです。

    1. たしかにインターバル中に変なCM入ると冷めますね。私もお金払ってもボクシングに集中できる放送の方が快適に感じます。
      Abemaで若者層を取り入れられる可能性はありそうなのも同感。もう地上波に戻るというのは可能性低いので、今回のPPVで新展開が見たいです。
      微力ながら勝手にプロモーション頑張ります!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です