井岡一翔 vs 井上尚弥は眠るときに見る方のドリームマッチだ

井岡一翔 vs 井上尚弥は眠るときに見る方のドリームマッチだ

“Monster”井上尚弥のリップサービスでボクシングファンが盛り上がっている。14日のWOWOWエキサイトマッチ30周年記念イベントにゲスト出演した後のメディア囲み取材で、”One and Only”井岡一翔との対戦を匂わせたのだー!!

 

4階級制覇王者

WBO世界スーパーフライ級王者

井岡一翔

32歳(志成) 28勝(15KO)2敗

vs

3階級制覇

WBAスーパー & IBF世界バンタム級王者

井上尚弥

28歳(大橋) 22戦全勝19KO

 

 

ボクシングマガジン

「ファンが望む日本人対決も選択肢にある」。井上尚弥が国内メガファイト要望! 思い描く相手は井岡一翔か!?

https://www.bbm-japan.com/article/detail/28635?page=1

 

“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”武尊 vs “神童”那須川天心のついに実現したキックボクシング日本人頂上決戦の話題に触れ、自身も日本人同士の、ボクシングファン以外にも刺さるビッグマッチを実現させたいと。「5階級制覇を目指す」というコメントに期待しつつ…日本男子で4階級制覇してるのは唯一無二、井岡しか居ないから名前を出してないけど完全に分かるのが面白い。

 

リングマガジン誌のPFPランキングボクサー同士の対決を日本で!とてもとても見たい対戦カードだけど、「うぉーー!決まって欲しい!!」ってテンション上げられるほどのピュアさはない。ドリームマッチなのは間違いないが、眠ってるときに見る方の夢になるでしょう…。文末にあった辰吉丈一郎vs鬼塚勝也のときみたいに。

 

どちらも4団体統一を掲げていて、井岡はIBF王者 ジェルウィン・アンカハスと統一戦の第一歩が、井上はドネア2で3団体統一が実現しそうだし。それに、やるとしても井上がスーパーフライとのキャッチウェイトは無理があるから、井岡がバンタム級に挑戦という形になるはずだけど、今じゃない気が。。

 

12.31 井岡一翔×アンカハスが正式決定!勝ってPFPランキングを上げるべし

世界バンタム級戦線に動きあり!井上尚弥 & ドネア & カシメロ

 

もしもあるとしたら、どっちも4団体統一を成し遂げたタイミング、なおかつスケジュールがちょうど大晦日みたいな。やはり想像しづらい…。すっかり大人になってしまった。。

 

そんなことは井上も重々承知で盛り上げるためのリップサービスだと思うんですよね。実際にニュースになったし目的を果たした。これで井岡が反応してきて引くに引けない状況になったら……ないっすねー。

 

こんなベロベロに酔った状態で書いてるのに妄想が膨らまないんだから、おそらくこのカードは実現しない!さよならー

 

井岡一翔 vs 井上尚弥は眠るときに見る方のドリームマッチだ” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です