井上拓真x和氣慎吾 DANGAN245後楽園ホール観戦の感想文

井上拓真x和氣慎吾 DANGAN245後楽園ホール観戦の感想文

乗り継ぎがスムーズで早めに水道橋に着いたので、ビール飲んでラーメン食べて後楽園ホールまで歩きながらレモンサワー飲んで、腹パンパンのまったくハングリーじゃない状態で会場入りしてしまった試合観戦の感想文です…。

 

宇佐見大樹x小林大成

花形ジムの宇佐見がデビュー戦とは思えない落ち着き。フットワーク使ってジャブ突いていた。小林はインファイトで活路を見出そうとしたが、宇佐見の左ボディアッパーが機能してダメージを与えポイントアウト。木村章司トレーナーも嬉しそうだった。この試合中、隣の席の人が本格カメラで写真撮りまくってるんだけど「ピピッ、カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ、ピピッ……」しかも呟きながらシャッター押しててノイローゼになりそうでした。おまけに自分の席じゃなかったらしく、正規のチケット持った人が現れ退散してました。とんでもない迷惑カメラマンだ。

 

 

佐藤賢治x會津タツヤ

負け越している同士の対決はド付き合い。重量級らしい鈍いパンチ音。佐藤がコンビネーションで上回ったと思いきや、會津がボディで効かせて乱戦に。3Rにダウンを奪った會津がラストラウンド、ドンピシャのフックで佐藤が倒れた瞬間にレフリーストップのTKO勝ち。勝ちたい気持ちが伝わってくる試合だった。おめでとう。

 

 

内田勇心x柿元蓮

脚が長く顔が小さい体格に内田を柿本が追いながらインファイトで先手を取る。途中でジャイアンこと元GLOVEマスター到着、チケットを渡しに退席ですわー。もちろんインターバル中ですよ。私は試合の合間に移動されるの嫌いなので自分は余程の緊急時じゃないとしないよう心がけてます。GR(ジャイアンリサイタル)のオープニングで試合内容は分からず…。

 

 

伊藤大賀x可兒栄樹

GR(ジャイアンリサイタル)が一曲目から全開でほぼ観れませんでした。。

 

 

メインイベント

井上拓真x和氣慎吾

それまで喋り倒していたジャイアンこと元GLOVEマスターも食い入るように試合を見つめる。階級上げてきた拓真がリング中央でどっしり。長身サウスポーぜんぜん苦にしない感じ。対する和氣は思ってたよりもプレッシャーかけられず出鼻を挫かれた印象。表情も動き固かったかな。先手を取った拓真は伸び伸び自分のボクシングをしていた。パンチの反応、打ち終わりの返しが速い。4R 拓真のバラードみたいなロングの右で和氣がダウン。結構ダメージあったが仕留めきれず。その後も殆どの局面で拓真が上回る展開。隣のジャイアンこと元GLOVEマスターは「世界に行くなら倒さないとだな」とタワマンの最上階から拓真に檄を送ってましたが…。笑

結局、最後まで拓真がペース渡さないまま判定へ。私はほぼほぼフルマークで拓真の勝ちだなと思いました。セコンド含め総合力で完勝した印象。試合中の両陣営の指示も聞こえましたが、拓真陣営の方が具体的だった。

ポイントは大差だったけど、思ったとおりのスリリング&エキサイティングな試合でチケット買って現地観戦した甲斐があったなと思いましたよ。

 

メインイベント終了と同時に退場を始め、歩きながらヒーローインタビューを聞くのがジャイアン・リサイタル。たぶんインタビュー終わった頃には店に着いて乾杯してました。笑

 

久しぶりのジャイアンリサイタルは往年の名曲、コロナ禍の間に作ってきた新曲を含め満足のライブでした。仕上げてきてましたねー。明日は仕事ということでアンコールなしで解散となりましたが、次回のジャイアンリサイタルのチケットは購入したので楽しみです。帰りの電車で寝ないよう気をつけようっと。さよならー

井上拓真x和氣慎吾 DANGAN245後楽園ホール観戦の感想文” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。