2022年2月5日は世界チャンピオン10人登場!王者同士の対決も4試合あり

2022年2月5日は世界チャンピオン10人登場!王者同士の対決も4試合あり

来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、、2022年2月5日は世界王者が10人も登場予定だ。近くなったら更に追加があって記録更新があるかもしれない…。

12/11は世界王者が15人登場(女子&暫定含む) たぶんギネス新記録!

ビッグマッチというにはパンチが足りないが、元世界王者同士の直接対決や再起戦が多くて要チェックですよ。

 

 

それでは紹介します!

 

①🇺🇸カリフォルニア セーブマート・センター

“Jaguar”ホセ・ラミレス

×

“Sniper”ホセ・ペドラサ

 

ラミレス→元WBC & WBO世界スーパーライト級王者

ペドラサ→元IBF世界スーパーフェザー級、元WBO世界ライト級王者

 

ラミレスはジョシュ・テイラーとの4団体王座統一戦に敗れた試合からの再起戦。ペドラサは3階級制覇を目指しているのでラミレスに勝てば一気に近づく。

 

 

 

②🇺🇸ラスベガス マンダレイ・ベイ

“One Time”キース・サーマン

×

“El Azteca”マリオ・バリオス

 

サーマン→元WBC世界ウェルター級、元WBA世界スーパーウェルター級王者

バリオス→元WBA世界スーパーライト級王者

 

サーマンはマニー・パッキャオに負けて以来、約2年半ぶりのリング。バリオスはジャーボンテイ・デービスに負けて約8ヶ月ぶり。2人とも初敗北からの復帰戦。ナチュラルウェイトに差があるし、決め手もサーマンの方が断然あるね。まだ33歳、激戦のウェルター級でビッグマッチに絡んできて欲しい。

 

 

“El Terremoto”レオ・サンタ・クルス

×

キーナン・カルバハル

 

サンタ→元IBF世界バンタム級、元WBC世界スーパーバンタム級、元WBAスーパー & WBCダイヤモンド・フェザー級王者、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、現WBA世界フェザー級スーパー王者

 

サンタはライト級とスーパーライト級の同時タイトルマッチというトンチンカンな試合で”Tank”デービスの左アッパーで轟沈した試合から1年3か月ぶりのリング。本来のフェザー級で戦っていくらしい。負けたのに現スーパー王者で、、レギュラー王者リー・ウッドとマイケル・コンランが試合して、その勝者とサンタが統一戦ってのがWBAのシナリオ。

 

 

“Pantdra”ルイス・ネリ

×

カルロス・カストロ

 

ネリ→元WBC世界バンタム級&スーパーバンタム級王者

 

ブランドン・フィゲロアにボディーで悶絶KOされて以来9ヶ月ぶりの復帰戦。27戦全勝のWBC & WBO世界2位の相手を選んだ心意気は勝ってあげるが、”ゴッレフ”山中慎介にやった仕打ちを忘れたわけじゃないぞ。全勝というブランドが無くなったネリがどんなパフォーマンスをするかは悔しいけど気になる…。

 

この興行が一番面白そうだ。

 

 

 

③🇺🇸ラスベガス ザ・コスモポリタン

ジェシー・バルガス

×

“Beefy”リアム・スミス

 

バルガス→元WBA世界スーパーライト級、元WBO世界ウェルター級王者。

スミス→元WBO世界スーパーウェルター級王者

 

バルガスはマイキー・ガルシアに敗れて以来2年ぶりのリング。スミスはコンスタントに試合してるがあまり印象にない…。

 

 

シーサケット・ルンビサイ

×

“Principe”カルロス・クアドラス

 

シーサケ→元WBC世界スーパーフライ級王者

クアドラス→元WBC世界スーパーフライ級王者

 

2014年5月以来の再戦。勝った方がエストラーダ×ロマゴン3の勝者と対決する予定だけど、なかなか進みませんねぇ。WBO王者の井岡一翔と対戦するかもなので要チェックだ。

 

 

①がTOPRANK、②はPBCだからWOWOWエキサイトマッチでやってくれるはず。③はmatchroom boxingなのでDAZNですな。テレビ・タブレット・スマホを駆使して同時視聴することになるかも…。嬉しい悲鳴です。

WOWOW_新規申込

 

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

 

さよならー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。