2020年 ボクシング真吾・流行語大賞が決まりました!

2020年 ボクシング真吾・流行語大賞が決まりました!

 

2020年 ボクシング新語・流行語大賞ノミネート作品発表!

【ノミネート作品】

エントリーNo.1

ワイルダーのパンチはクリチコの5倍、ジョシュアの6倍、ヒューリーの8倍強いぞ

リチャード・タワーズ

 

エントリーNo.2

(自宅練習でミットを持ってくれた妻に)フルパワーで打ちましたよ

尾川堅一

 

エントリーNo.3

(拳四朗は)反抗期ですね

寺地永 会長

 

エントリーNo.4

いつでも下がれる状態を作りながら 圧、圧、圧、引いて圧みたいな

井上真吾トレーナー

 

 

このブログとTwitterでアンケートを取った結果は満場一致、ユナニマスデシジョンでした!

 

〈ブログ〉

投票総数 44票のうち28票(63.64%)獲得。

 

 

〈Twitter〉

https://twitter.com/oscar_delahoya/status/1336878132930912259?s=21

投票総数 106票のうち54票(51%)を獲得。

 

 

 

2020年、今年のボクシング新語・流行語大賞は、、、、

 

 

井上真吾トレーナー

いつでも下がれる状態を作りながら 圧、圧、圧、引いて圧みたいな

 

に決まりました!おめでとうございます!!14日に発表されるという、こちらも毎年恒例の「今年の漢字」も『圧』で良いんじゃないですかね。ちなみに私はケーーン反抗期に投票してましたw でも「圧、圧、圧、引いて圧」はリズムも抜群に良いから納得です。モハメド・アリが捲し立てるように言いそうなフレーズでもありますな。

来年も親子の活躍を期待しています。

 

 

 

投票いただいた方々、ご協力ありがとうございました!忘れなかったら来年もやります〜。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です