井上尚弥×ロドリゲス、衝撃でしたなー!!

井上尚弥×ロドリゲス、衝撃でしたなー!!

普段は生中継を見た人はバンバン結果を書いてもいい、結果を知りたくない人が情報遮断すればいいと思ってるんですが、今日のモンスターの試合は出来るだけネタバレなしで見てもらいたく、フジテレビの録画中継終わりまでブログ公開を待ちましたよ!小さい頃にベストセラー「気くばりのすすめ」を読んだからね。笑

 

 

 

早朝4:30

起きれたものの眠気はありつつテレビをオン。WOWOW放送開始直後で目がバッチリ覚めました!

昔、浜田剛史さんもやったような。ハニカミ・ゴッドレフト最高かわゆす!

 

 

 

ただただシビれた…

フジテレビでも放送があったことで、あした会社でも反応が多くありそうだ。井上の強さは解説不要だろうが、「ロドリゲスって強かったんですかー?」なんて舐めた口をきいた奴が現れたら、佐山聡ビンタかましてから、ロドリゲスの強さを教えたるねん。1Rから勝負かけてきたし、モンスターパンチ食らって3回立ち上がってきたからね。あいつは本物の戦士だったぜ!

 

 

 

それを凌駕した怪物……

どこまで連れていってくれるんだー!!!!

井上尚弥×ロドリゲス、衝撃でしたなー!!” への8件のフィードバック

  1. >昔、浜田剛史さんもやったような
    「男がやるか!(沖縄男児)」という理由で断ってました笑。スコットランド人には悪いけど、俺も絶対やりません笑

    初代王者新垣氏も報われたのでは?。残念ながら、復帰申請は見送っってるようですが。復帰してほしいです。

    番組誌で「統一戦」とうたってる以上?、高柳アナまでそれを口にし、最後まで押し通しましたね笑。まあ似たようなもんですが。
    俺は、最後までIBF信じてましたよ。でもいいかげんWBAのみ2人王者を、なんとかしないとまたトラブルでしょう。ウンザリです

    1. 浜田剛史さん、、そうでしたか。浜田さんらしいエピソードですね。笑
      WBAのスーパー、レギュラー、下手すると暫定は本当に勘弁です。。

  2. 井上尚弥は別格だ。マクドネル戦の後に思ったね。ガードの上からタコ殴りで倒すんだから。
    「ガードを上げて」の指導が意味なくなった。人間のボクシングの試合にグリズリーベアーを
    出しているようなもの。これからのボクサーを育てる為には、パンチ等手の動きよりも先ず
    逃げ足を鍛え、安全な距離に即時離脱できるようにすることだ。パンチ力以外のボクサーと
    しての全ての要素がスーパーS級だって言うんだから、ノニト・ドネアも瞬殺されるだろう。
    唯一心配なのは、井上尚弥の性格が優しそうなことと、ドネアを尊敬していることから、全
    力パンチが打てないのではないかという点だな。

    1. マクドネル戦は荒々しかったですね。
      私はドネア相手でも容赦ないと思います。ドネアも経験豊富なので一発狙ってくるでしょうね。

  3. 西岡利晃氏がメキシコでジョニゴンをKOした時、日本人ボクサーもここまできたかと感動しましたが(柴田国明氏が同じくメキシコでビセンテサルディバルをTKOした時は、リアルタイムで観ていません)選手紹介の際のブーイングにはムカついたものでした。
    だからイギリス・グラスゴーでロドリゲスへのブーイング、我らが井上尚弥には拍手喝采。もうこの光景を観ただけで、感涙ものでした。
    試合に関しては、右ガードの高いロドリゲスを倒すなら、モンスターの右ストレートだろうと思ってましたが、角度変えたストレートに近いカウンターの左フック。ただただ脱帽です。

    1. コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りグラスゴーの会場をホームに変えてしまい、なおかつ豪快に倒す。完全に世界のINOUEですね!凄いものを見ている実感があります。そして、まだまだ上のステージにも連れていってくれるという。今後も期待しかありません。

  4. 大橋会長。「もし慎吾さんに教えてもらっていたら、僕ももっと強くなっていた」とどこかで語っておられました。
    日本ボクシング界に、まさか世界超一線級の怪物が現れるなんて、誰が夢見た事でしょう…。

    基本に忠実な教科書のようなボクシングを、コツコツ、ひとつひとつ積み上げて、磨き上げた結晶のような、素晴らしい選手ですね。
    そして嬉しいのは、古くはユーリやバレラのように、基本に忠実なボクシングは猛烈に強い、を証明してくれている喜びです。
    それでいて何でもできる…
    彼は伝説をつくり、無敗で引退をすると考えています…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です