スティーブン・フルトンが”クールボーイ(格好いい男)”すぎるインタビュー

スティーブン・フルトンが”クールボーイ(格好いい男)”すぎるインタビュー

「井上尚弥 無限の拳。」 雑誌Number(ナンバー)を予約した

先日買ったナンバーに”Monster”井上尚弥のライバルに近い将来なりそうな、WBC & WBO世界スーパーバンタム級王者 スティーブン・フルトンのインタビューが載っていたが、本日NumberWebでノーカット版が公開された。

 

 

井上尚弥の“最大の難敵”スティーブン・フルトン27歳「俺の身体は大きくなっているから、急いでほしいな」極悪な街で育ったタフな男の井上評

https://number.bunshun.jp/articles/-/853688

 

【フルトンとは】

・WBC & WBO世界スーパーバンタム級王者

・21戦全勝8KO

・パンチ力以外のほぼすべてを備えたオールラウンダー

・身長169cm、リーチ179cmというフェザー級でも十分に通用するサイズ

・“クールボーイ(格好いい男)・ステフ”という愛称を自らも好む27歳

 

自らも好むところがサイコーだな笑笑

スティーブン・ルトン→ステフの公式はキムタクと同じ王道的なやつでしょうか。めっちゃクールっすわー。

 

 

【クールなコメント抜粋】

「俺の試合では、瞬きをしている間にすべてが変わる」

「4団体統一王者になることが今の究極の目標だ。どんな階級の王者でも、すべてのベルトを手にしたいと思うものだ」

「俺の身体は大きくなっているから、井上の方にどれだけ早く準備ができるか次第だ。このクラスではそれほど長く戦えないかもしれないから、急いでほしいな」

「(井上は)素晴らしい選手だ。スキルに恵まれている。パワーもあるが、スーパーバンタム級までそれを持ち込めるかどうかはわからない」

「試合をフルに見たことはないんだけど、彼のことは2年前から知っているよ。ハイライトは見たけどね。あ、いや、ジェイソン・マロニー(オーストラリア)との試合は見た。いい試合だったと思うよ」

「条件がよければどこでも構わない。お金とベルト次第だ(笑)」

「いずれ俳優になりたいと思っている。将来はエンターテイナーになりたいんだ」

(ニックネームについて)

「俺の普段の振る舞いからそう呼ばれるようになったんだ。服装も気を遣っているし、普段からクールに振る舞うからそう呼ばれるようになったんだろう。俺にはフィットしたニックネームだと思う。ボクシングスタイルもクールだろ?」

 

自信がドバドバ溢れてますよね。笑

インタビュアーの杉浦大介さんがフルトンの返答を聞いてちょいちょい(笑)になってるので英語の言い回しも微妙に面白い感じなんだろうなぁ。先日フルトン応援団に加入したのですが、インタビュー読んだらますます好きになりました。ボクサーはこれぐらい自信満々の方が良い。

 

 

Amazonのスポーツ部門でランキング1位になっているモンスターNumberはフルトン以外の特集も素晴らしいので要チェックですよー。

さよなら!

スティーブン・フルトンが”クールボーイ(格好いい男)”すぎるインタビュー” への8件のフィードバック

      1. フルトンに話を
        ふると、
        ふるっとる話をしてくれるよね
        インタビューが面白いから
        フルに撮んないとね♪

        フルトンは
        「ステフ」と呼ばれるだけあって
        「ステップ」が巧い
        12R
        フルに跳んでいけるだろうね♪

        クールなのは良いけど、
        モンスターに吹っ飛ばされて
        クールクルットひっくり返って
        倒されるんじゃないかな?
        モンスターは
        文句無いスターだからね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。